忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/23 17:59 】 |
異物挿入の概要と異物の種類
異物挿入は、SMのカテゴリーに分類されることもある、膣、肛門、尿道に何かを入れる性行為の総称である。異物挿入には、細菌感染や粘膜の損傷などの危険が伴う。またこれらの行為は肉体的・精神的負担が大きいので充分な配慮とケアが必要である。

異物挿入の概要

もともとキリスト教圏では性行為は神聖なものであり、快楽のための自慰や性交は認められていなかった。天然雄性素もちろん生殖にかかわらない肛門性愛は論外であり、同性愛や肛門性愛は禁忌として処罰の対象となった。そのため膣にはペニス以外を入れてはならない、という文化的、宗教的概念が形成された。

近代以前の日本においてはそうした文化背景はなく、研究も少ないことから、異物挿入が行われていたか否かは断定できない。

近年に入り性意識も変化したが、宗教的意義は薄れたが衛生的、道徳的観念から膣にペニス以外を挿入することは一般的ではないとされていた。

また、女性の膣はもともと出産のためにかなり伸びるように出来ているため、性経験を積んだ女性、もしくは出産後の女性は膣がゆるくなって快感が得にくいという俗説がある(実際には個人差があり一概にそうとは言えない)。そうした女性に対し(侮蔑的な意味も含め)異物挿入を行なうことがある。こうした概念により、SMプレイにおいてはマゾヒストを侮辱する行為として異物挿入を行なう向きもある。

もちろん女性も同様であるが、男性は女性よりも性行為として挿入される側に回るという概念に乏しいため、肛門への挿入は大きな背徳、屈辱を感じる。

異物の種類

異物の種類は基本的には男性器以外のすべてを指す。指と性具以外は全てSM行為の一環として用いる。

性具
バイブレーター、ディルドーなど。肛門用に細いものや球状のものも存在している。尿道に入れる専用のものは無いが、医療器具などで代用されている。


もっとも一般的な異物。尿道に入れるにはかなりの拡張を必要とする。ポルノ小説や成人向け漫画では膣に指が何本入るかが、女性の性経験もしくは好色度をあらわす目安とされることがある。

SMプレイの道具
鞭やスパンキングラケットの柄や蝋燭などが用いられる。

食品
きゅうり、茄子など細長い野菜、ソーセージ、フランクフルトがよく用いられる。ストリップショーなどでは卵も好まれる(花電車)。変わったところでは、膣に食品を入れて「味付け」して食べるという行為もある。(女体盛りを参照)
SMショーの浣腸用には牛乳が用いられることが多い。色が見栄えする、肛門の粘膜を傷めないという理由からである。こんにゃくをちぎったものや玉こんにゃくを入れることもある。

ペンライトなど
ペンライト、細身の懐中電灯などがあり、ペンライトや懐中電灯は挿入し中で点灯させるなどすることがある。

お札・小銭
露出プレイの一環として、裸で買い物をする際に財布代わりにする。そのまま入れると実際の使用が難しいことからコンドームに入れることが多い。

スポーツ用品
テニスラケットの柄、野球のバットなど。コスチュームプレイや撮影用の材料として使うことが多い。陰茎増大丸ピンポン球、ゴルフボールも手ごろなサイズのため使用されることがある。


まんぐり返しした女性の膣や肛門に花を挿す。これを俗に「人間花器」呼ぶ。

動物
アダルトビデオの中では、どじょうや蛙などを膣や肛門に入れることがある。成人向け漫画では、どじょうなどの触手もよく入れられる。

人工便
擬似スカトロプレイによって使われる。ゼラチンや食用色素、刻んだこんにゃくなどを用いて作られる。(味噌は塩分が強いために粘膜を傷める可能性があるので撮影には不向き)

測定器具
膣圧計と呼ばれる器具を挿入して、膣の締め付け具合を計る。アダルトグッズ、もしくは医療器具として入手が可能。
PR
【2010/11/23 16:33 】 | 挿入 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<アナル挿入実践談–アナルへ挿入未遂 | ホーム | 処女のペニス挿入に注意すべきこと>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>