忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 17:04 】 |
精力剤、精力増強剤の分類
精力剤とは、男性の場合は、ED(勃起障害)、早漏や遅漏(射精障害)そして性欲減退等、男性の性機能改善をはかり、精力をより高めるために役立てるものです。女性の場合は、不感症、冷感症、性欲欠乏などに効果を発揮する薬をいいます。ここでは精力剤にはどのようなものがあるのかを説明します。

■精力剤は、性機能に関係する重要な3つの要素から大きく分けて、次のように分類しています。

1.強精剤 ⇒ 性ホルモン剤花痴(男性用ぬり薬、女性用ぬり薬を含む)
男性を男性らしく、女性を女性らしくしている本質は、他でもなく男性ホルモンであり、女性ホルモンです。性ホルモンは性機能の中で性欲をかき立てて、勃起や射精、快感などの現象に直接働き、性行為には欠くことのできない物質です。

性ホルモンは人の成長や老化の過程で盛衰があり、これが性機能の異常と密接な関係があることが分かっています。勃起障害や早漏などの性機能障害だけではなく、男子更年期障害の症状も改善します。

強精剤は、男性ホルモンや女性ホルモンを主成分とする内服薬とぬり薬があります。病気の有無や目的によって、ご自分に好ましいくすりをお選びください。

2.強壮剤 ⇒ 漢方系滋養強壮剤
一般的に強壮剤は、身体に必要な栄養素や身体の機能をより高める成分を多く含み、これを飲むことにより身体の組織や器官全体の基本的な働きを支え、自然治癒力を助けて身体を壮健にし、より活力を高めます。

多くの強壮剤の中でも特に精力に影響のある漢方系の生薬を多く含んだものを厳選しました。RED SPIDE口服液これを摂ることにより強精剤や勃起薬の基本的な働きを支え、かつ力を十分に引き出すことができます。

3.勃起薬 ⇒ 主にヨヒンビン製剤
性機能の悩みで象徴される現象が勃起障害(ED)です。勃起障害(ED)に関わる要因は性ホルモンと脳神経系そして男性性器の血管系をはじめとした生理的働きなどが代表されます。

ヨヒンビンを主成分とした薬は勃起にブレーキとなる自律神経の働きを改善すると共に直接勃起中枢に働きかけて勃起をうながすくすりです。中折れ、半立ちなどの症状を改善するにはお勧めのくすりですが、作用が強いために劇薬に指定されています。

配合成分の違いによって各種の銘柄がありますので、症状に合うくすりをお選びください。性機能障害の原因は様々ですが、多くは年齢的なものやストレスによる自律神経の不調、生活習慣病等が混合している場合が多いのです。また心理的、精神的なことがらが大きく関係し、個人差があるので、お客様のお悩みはお客様だけのものと考えております。

男性ならば誰でもいつまでも元気でセックスできる状態を維持しておきたいものです。そのためには日頃からの心のケアを含めた健康管理が非常に重要な問題であり、強壮剤を普段から飲むように心がけ、精力の基本的な力を維持することが大切なこととなります。以上のことより精力剤は症状によって選択肢が異なってきます。

■代表的なご相談内容とそれを改善するくすりをあてはめると症状該当する精力剤
1.勃起が弱くなった
(硬くならないまま射精してしまう) 強精剤,強壮剤,勃起薬
2.途中で中折れする
3.全く勃起しない
4.早漏 勃起したときの硬さが十分な場合 強精剤(特にぬり薬)
勃起したときの硬さが不十分な場合 強精剤,勃起薬
5.性欲がなくなった 強精剤
6.精力をもっと高めたい 強精剤,強壮剤
7.不感症ぎみ(女性の場合) 強精剤(女性用),強壮剤
PR
【2010/11/23 16:02 】 | 精力剤 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<精力剤が効きすぎたため病院に運ばれた | ホーム | 精力アップに大切なこと>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>