忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 17:04 】 |
最新の盗撮カメラ事情
ここ数年、盗撮の防犯意識の高まりに拠り、事務所や店舗、家庭等の防犯、監視目的の監視カメラ技術を応用した高性能な盗撮カメラが存在します。トイレやラブホテル内のプライベート空間での盗撮事例が多く発生しています。

エスカレーターや宿泊施設の建物内等でピンホールカメラを使った盗撮の被害や最近多いのが浜辺などでの目に見えない赤外線を使ったビデオカメラでの盗撮行為、エステ また、気づかない内に公園や街角で誰かに付けられ行動を監視されて困っている方もいます。

現在の技術で開発、一般人が容易く確認、発見出来ない機器も製造、販売されて、偽装化されたこれらの盗撮カメラを見つけ出すのは専用機材や専門知識に拠らなければ発見不可能な機器が存在して居ります。

特に特殊用途向けに開発され小型化、偽装化された盗撮カメラ(極細ファイバースコープ型カメラや超小型カプセルカメラなど)や送信電波にスクランブルを掛けた一部の超小型無線カメラ(RF SYSTEM製特殊カメラ)や無線LANなどの高周波無線デジタル方式を使ったカメラや巧みな偽装が施された有線式カメラなど通常のアナログ電波調査やざっと見ただけの目視調査だけですべての盗撮カメラが発見出来る訳では有りません事をご理解して置いてください。

現在の盗撮技術の進歩に付いていけない、科学技術分野に弱い方がたが被害に遭っているようです。盗撮されやすい女性等に最新の盗撮カメラの知識や盗撮技術を身に付けて戴き、盗撮可能な条件、素股のやり方最新機材の知識を身に付けられることをお勧めします。

現在は盗撮カメラとして利用できるカメラの種類もさまざまな大きさ、形で作られ、非常に多くの機種が存在します。

■赤外線LEDを組み込み小型ライター程度にサイズを抑えられた超小型録画盗撮カメラ
■一般の望遠鏡と組みわせ数百メートル離れた所から高感度で撮影するタイプの高感度望遠レンズカメラ
■カメラ本体の縦、横、厚みを1センチ以下に抑えて、服や鞄の中に忍ばせ使用する為、超小型ピンホールカメラを使い手持ち偽装撮影するタイプの盗撮カメラやそれを録画する小型録画装置
■犯人が予め日用品等の中などにカメラ基盤などを組み込み仕掛けられた偽装品タイプの盗撮カメラ
■無線電波を使いリモートコントロールで撮影を開始、終了させるリモコン式無線カメラ
■帽子や腕時計、サングラス、タバコの箱、小型ヘッドホン、ボールペン、ネクタイピン等に高度に偽装し本人に気づかれずに盗撮する市販完成品の偽装盗撮カメラ
PR
【2010/11/23 17:45 】 | 盗撮 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 現在日本で盗撮事件が大変増えてくる>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム | 次ページ>>