忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/23 17:05 】 |
精力剤の歴史ー精力剤として使われたにんにく
セックスは人間の脳を活性化させ、老衰現象の予防や回復に貢献してくれます。ですが、更年期を過ぎると、男性ホルモンの低下により性機能は衰えます。これを補助する役割をしてくれるのが、精力剤です。

精力剤の歴史は古く、紀元前数千年前からその存在は明らかでした。エジプトではにんにくが3000年も前から精力剤の代表として使われていました。にんにくは、アフリカのジュンガリア原産説や中国原産説などがありますが、アメリカ強力催淫水中央アジアのキルギス地方原産説というのが最も有力な説です。

そこから西へ伝わって、紀元前3000年頃の古代エジプト王朝時代に、タマネギとともに栽培されていたことが記録として残っています。そして紀元前 1300年頃に、ピラミッド建設に従事した奴隷たちの栄養食として、にんにくを毎日食べさせていたことがわかっています。ツタンカーメンの墓の中からも、数個のガーリックが発見されています。

にんにくには、アリシン、スコルジニン、有機ゲルマニウム、セレニウム、アリチアミン、アホエンなど、現在注目されている成分が多く含まれています。有効成分スコルジニンは、疲労物質を代謝するビタミンB1の吸収を高め、新陳代謝を盛んにする作用があり、疲労回復やスタミナをつけるのに効果があります。

食欲減退や消化不良の時にニンニクを食べると、アリシンが胃の働きを活発にします。生なら1日1片、加熱したものなら2~3片が適量のようです。アメリカ強力催眠迷幻水にんにくを使った「にんにくの醤油漬け」等もいいでしょう。

身近に摂取できる精力剤として、毎日食べてみてはいかがでしょうか。
PR
【2010/11/23 16:13 】 | 精力剤 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<精力剤の歴史ー精力剤として使われたにんにく | ホーム | 精力剤が効きすぎたため病院に運ばれた>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>